自制が出来ない人はキャッシングは使わない方がいい

私は数年前に交際費の為にキャッシングをしました。最初はすぐに返せるだろうと思い、事後の事を何も考えずに軽い気持ちでカード会社の審査を受けました。

年収や勤め先が審査に関わって来るのだろうとは思いますが、何も問題は無く、100万円の融資枠が審査で通りました。

その時はとりあえずその場だけ凌げれば良いとは思っていましたが、コンビニのATMで気軽に借りる事が出来ますので、事あるごとに借り入れを続けました。

しかし、返済時には決まった金額を返済しますので、返済額はそんなに多く無くても残高が大きくなる一方で、気付けば限度額の100万円近くまで残高が膨れ上がっていました。

そして、毎月の返済額と利子と残高を計算してみますと、このままのペースではいつまで経っても残高が減りませんし、利子も大きくなるばっかりで、途方に暮れる事になってしまいました。

その事に気付いてからは給料の約半分を返済に回し、2年程かけて返済し終わりましたが、返済と同時にカードローンは解約し、二度と利用しないと心に誓いました。私は気軽に契約したキャッシングでこんなにも苦しい思いをするのかと後悔するしかありませんでした。

しかし、自分が返済出来る範囲内であれば、キャッシングを便利に利用できる人もいると思います。必要な人はこのサイトを読んでみるといいでしょう。

>>キャッシングで即日融資するための情報がまとめられたサイト

飲み会や冠婚葬祭、治療費や修理代等、急にお金が必要な場面に遭遇する事も多々あります。

キャッシングは本当にそのような使い方をしないと自制心が弱い人はまるで自分のお金を使うかのように使ってしまいます。そのお金は本当に必要なのかどうかを先に考える必要があるでしょう。